癌!思わず天を仰ぐ 癌施術
誰もが癌に罹る時代になってきました。
人間の業ー環境ホルモンの蔓延の結果なのでしょう。
現代医学の癌治療は、従来の三大治療ー摘出手術、抗がん剤、放射線治療ーから高額の陽子線・重粒子線治療にシフトしつつあります。
なぜなら、治癒率が思わしくないからです。
陽子線・重粒子線治療は、転移した癌には有効性が認められないとのことからも推測できるように、癌を叩く発想自体に変わりはありません。 癌は、叩かれれば叩かれるほど、反発して強力になります。
当院では、人間の根源エネルギーであるクンダリニー・エネルギーを駆使し、筆者の癌体験をも活かして癌体質を心身ともに改善し、デトックスできるように自己免疫を高める施術を行います。
癌を叩く現代治療ー摘出手術、抗がん剤、放射線ーではなかなか治癒は困難な状況です。
まずは、三白【白パン、白米、白砂糖、精白塩、化学調味料】を止め、玄米中心の食生活にチェンジすることです。
癌を叩くのではなく、癌体質を心身ともに改善するのが施術の基本となります。
当院では、患部にイメージで手を突っ込んでエネルギーを投入し、デトックスできるように自己免疫を高める施術を行います。
検査で引っかかった方、通院中の方是非ご相談ください。入院中の方は、遠隔施術を行います。

乳癌
乳癌罹病率が増加の一途をたどっている。患者は、年間六万人以上と言われています。
死亡率も増加しており、年間一万三千人が亡くなっていると言われており、子宮筋腫と同様に環境ホルモンの影響が大であることには変わりない。

脳梗塞
脳疾患のうちで一番増大しているのが、脳梗塞です。死亡者数は、年間6万人を超えています。アルツファィマーからレビー小体型認知症になるケースが増大しております。
反応部位にひたすらエネルギーを注入して、反応が減少、なくなるまで施術します。

【難治性疾患】

気分障害
気分障害には、うつ病と双極性障害(躁うつ病)の二つがありますが、現在若い女性に増大しているのが、いわゆる【落ち込み】称するうつ病です。
ライフスタイルの変化や生活環境の悪化が背景にあると思われます。
ちなみに双極性障害とは、うつ状態と躁状態が交互に発症する気分障害です。例えていうと、ここに1枚のカーペットがあるとします。カーペットの表は、顕在意識であり、カーペットの裏は、潜在意識とします。
人は潜在意識によって突き動かされて、言葉を変えて言いますと人生を歩んでいるわけです。したがって、症状ー気分障害の原因はここにあり、潜在意識に(手を突っ込む)のが操法ー施術となります。

過眠症ーナルコレプシーnarco【眠り】lepsy【発作】
ナルコレプシーは、夜正常な睡眠を摂っているにもかかわらず、日中、突然強烈な耐えがたい眠気に襲われ寝てしまう過眠症の疾患の一つです。その原因として現代医学では、脳内の「オレキシン」という神経伝達物質の分泌減少が挙げられています。
「オレキシン」は、視床下部から分泌され必要量が受容体に届くと脳の覚醒をもたらし、逆にオレキシンの分泌が減少すると、受容体に届く量が減って睡眠状態をもたらす。このようにオレキシンの分泌量によって覚醒と睡眠がコントロールされています。健常人の場合は、日中はオレキシンが必要量分泌され覚醒しているが、ナルコレプシー患者の場合は、何らかの原因によってオレキシン量の分泌量が減少若しくは分泌がなくなるため、強烈な眠気に襲われて眠ってしまうと言われています。
日本は世界一罹病率が高く、六〇〇人に一人がナルコレプシーに罹病していると言われています。 眉間に手を当てて視床下部をコントロールする操法ー施術になります。

窃盗癖(クレプトマニア)
窃盗癖(クレプトマニア)とは、悪いことだと分かっていても、物を盗みたいという衝動・欲求を抑えることできなくなる病気と言われています。
現代医学によれば、脳疾患が窃盗症と関係があるとされ、脳内伝達物質「モノアミン」代謝障害、セロトニン障害による大脳皮質の萎縮、側脳室の拡大がその特徴に挙げられています。最近では、元女子マラソン選手原裕美子の万引き癖がクレプトマニアとして話題を呼んでいます。
ナルコレプシーの操法ー施術と同様に視床下部をコントロールします。

RLSむずむず症候群 / PLMDピクピク症候群
RLS・PLMD 症候群とは、入眠時に脚がムズムズしたり、ピクピクしたりして睡眠障害になることです。目を開けているときは、そうならないからけったいな病気です。
筆者の経験から、重度になると昼間もピクピクします。
推定患者数は、人口の3~4%といわれており、近年中高年層に大変増えています。
病院に行くと、やれドーパミン不足だ、やれ鉄分不足だと言われ、その手のお薬を出されます。RLS症候群の原因は、ドーパミンの減少、鉄分不足だけにあるのではなく、スジの捻じれに原因があると思われます。
その結果、シナプス伝導がうまくゆかず、腓腹筋の硬直と足部の痺れ感を発症します。また、坐骨神経症状とオーバーラップしているようです。
運動系疾患は、スジとして現れるゆえ、スジ操法で押えていけば、治癒できます。

不同視
不同視とは、遠視・近視・乱視に左右差が大きいために起きる片眼の屈折異常を言います。距離感、立体感が掴めにくくなり、首痛、肩こりなどが随伴症状として発症します。
俗に言うガチャ目、「ロンドン・パリ」のことです。
眼科医では、「不同視矯正眼鏡を掛けて」«OK»となっているが、不同視の治療法とは言い難いのが実感です。
不同視は、片目の屈折異常であるゆえ、まずベースとして、ベイツメソッドの外眼筋トレーニングを行う。
次に、暗いところで細かい文字を視るトレーニングをする。
施術としては、1.頭部活点を押さえる。2.眼病のポイントを押さえる。
3.視力の悪い方の眼を押さえる。4.アイデクシャをする。
以上で、不同視矯正眼鏡を掛けずに生活できるようになります。

子宮筋腫・不正出血
子宮筋腫は、子宮にできる良性の腫瘍で、大きさは小さい物は、一センチぐらい、大きな物は、 一〇センチぐらいになる。成人女性の五人に一人が罹っていると言われており、若い 女性に増えている。また不正出血は、子宮筋腫が原因であることが多い。
女性ホルモン ( エストロゲン ) がその原因と言われて久しいが、スーパー、コンビニの増大 に比例するかのように いちじるしく増加しています。その結果、ライフスタイルが 変わり、コンビニの弁当、カップラーメン、ハンバーガーなどのお手軽食品を多く摂取する ようになった。お手軽食品には、ソルビット、乳化剤をはじめとする様々な添加物が加えら れている。これらは、環境ホルモンといわれ、女性ホルモン ( エストロゲン ) 類似物質である ことが証明されている。つまり、子宮筋腫、子宮内膜症、乳癌発症の増大の大きな原因なのである。したがって、 施術と同時に食生活のチェンジが必須である。 施術の前段階ととして、冷え性があれば、足湯、絹の靴下の常用などでクリアーするよう 指示する。まず、骨盤の歪みを調整する。次に腰部、腹部を緩めてから、筋腫の感応部位に ダイレクトにヒーリングする。感応が大幅に減少するまで続ける。最後に筋腫の感応部位を「摘出操法」で締めます。

クンダリニー症候群
クンダリニー症候群とは、クンダリニー・エネルギーのコントロールができていない状態で、突然予期せずにクンダリニーが上がった場合、例えば交通事故で尾骨を殴打したとき、強烈な怒りを発したとき、自己流で見よう見まねでやったときなどにクンダリニー症候群が発症します。
原因として考えられるのは、
1クンダリニ・ーエネルギーがスシュムナー(中央脈管)に流入せずに、ピンガラ(太陽の気道)若しくはイダー(月の気道)に流入した場合。
2スシュムナー(中央脈管)に流入したが、頭頂にクンダリニー・エネルギーが溜まって滞っている場合、または1と2の両方の場合。
症状としては、交感神経の重度のダメージによる不定愁訴症候群、常時身体中に疼痛が走る、偏頭痛、身体中が熱い(寒い)、慢性的疲労感、言語障害、脳機能の減少、常時振戦などが見られる。重度の場合は、幻聴、幻覚、精神錯乱などが見られます。
先ず、残留クンダリニー・エネルギーの放出が第一義的になる。サハスラーラ・チャクラを押さえ、「摘出操法」で残留クンダリニー・エネルギーを引っ張り出す。患者に空中の一点に意識を集注させ、そこに向けてクンダリニー・エネルギーを放出させるようにする。次に疾病部位にダイレクにヒーリングします。

消化器系疾患

胃潰瘍
胃潰瘍は、一般に吐血と下血を伴うことが多い。
消化器系疾患の特効ツボは、裏内庭といわれ、そこに温灸や鍼を用いて治癒を図るが、胃潰瘍の場合、裏内庭に止まらず、三カ処ばかりのポイントがスジ上に現れる。
また、腹痛一切奇妙にも感応点として現れます。

不定愁訴症候群でお悩みではありませんか。 倦怠感/不安感/パニック障害不眠症/性欲減退/動悸/胸痛/息切れ/のぼせ/立ちくらみ/血圧低下/上昇/食欲不振/胃痛/膨満感/便秘/下痢/頻尿/生理異常/耳鳴り頭痛/ 鼻水、鼻づまり/眼精疲労/視力低下/眼球乾燥/嗅覚、味覚異常/多汗 症、寝汗/首、肩のコリ/ 手足のしびれ/冷え/ほてり/むくみ/皮膚痛痒など。 あなたのストレス指数が体で体験できます。 ストレスを感じると、腕の筋肉のバランスが崩れて筋力が落ちます。

遠隔施術料金

遠隔施術1回30分以上・週1回/20回分100,000円(税込・8,000 円お得)
10回分50,000円(税込・4,000 円お得)
5回分27,000 円(税込)
● 遠隔施術は、お振込みのご確認後になります。お振込みのご一報をメールして下さい。
● お振込み先
ゆうちょ銀行 記号10160 番号52547651 名義カベ コウイチ
● お振込みと一緒に全身のお写真をメールに添付されるか郵送でお送りください。
qgkb78px@gmail.com 157-0072世田谷区祖師谷4-23-20 みきもとビル2-B
●完全予約制
●施術費用 1回8,000円(60分)
●初診料0円

ご予約・お問合わせフォーム

名称 薬師整体
住所 〒157-0072 世田谷区祖師谷4-23-20 みきもとビル2F
TEL 03-6277-9077 080-1360-6858
E-mail qgkb78px@gmail.com


あなたのストレス指数が体で体験できます。
ストレスを感じると、腕の筋肉のバランスが崩れて筋力が落ちます。

 

 

交感神経の亢進を鎮め、副交感神経とのバランスを恢復させます。
甲状腺機能を恢復させ、頸椎の歪みを正し、交感神経(星状神経節)反射点を操法します。


PLMDピクピク症候群/RLSむずむず症候群でお悩みではありませんか。
眠ろうとすると、脚がピクピクしたり、ムズムズしたりして一晩中眠れないことがありませんか。毎晩、床に入ることが恐怖になっておりませんか。
当院では、意識チェンジ療法、頭部ポイント療法などの特別な療法とエクササイズを教えております。是非、お試しください。

 


こども視力回復コースー大人の方もどうぞー
お子様が小学校の視力検査で引っかかって、「メガネをかけなければいけませんね」と校医に言われ、(どうしょう、こんな小さい時からメガネをかけさせるなんて)と、お悩みではありませんか。メガネをかけると、眼球が固定されて視野が狭くなります。眼は顔に付いているレンズでではありませ
ん。眼は心の窓です。アメリカの眼科医ベイツは、外眼筋による眼球の緊張やストレスが、球の構造的変形の原因であり、外眼筋の緊張をとれば屈折異常=近視、遠視は治るといっています。ベイツメソッドと手のひら整体で視力を恢復させます。眼鏡をかけるように言われた孫の小学生もメガネ無しで過ごしております。


 

対応疾患】

腰痛・膝痛・坐骨神経痛・肩こり・腱鞘炎・むちうち・捻挫・ヘルニア・狭窄症などの運動器系疾患
頭痛・耳鳴り・難聴・鼻炎・胃弱・顎関節症・屈折異常(近視・遠視)・花粉症・アトピーなどの持病
自律神経失調症・不眠などの神経系疾患
冷え性・ 生理不順・子宮筋腫などの婦人科系疾患 
痛風・結石症・前立腺肥大・不整脈・高血圧・脳梗塞などの生活習慣病・特定疾患・癌 


薬師整体にようこそ。

薬師整体の操法=施術はボキボキしたり、バキバキしたりはしません。



 

薬師整体は3つの匠の技であなたの“つらい”を解消します。


気で治すペインセラピー/痛み解消無痛療法
不定愁訴クリーニング療法
クンダリニー整体


不定愁訴クリーニング療法
手のひらから湧き出る生命パワーで、交感神経の亢進を鎮め、副交感神経と
のバランスを恢復させます。
クンダリニー整体
手のひらから湧き出る生命パワーは、不定愁訴をクリーニングし難治性疾患
を治します。不定愁訴クリーニング療法、難治性疾患の施術に用います。
気で治すペインセラピー/痛み解消無痛療法
腰痛、肩コリなどの痛みの部位を揉んでも、さすっても痛みは取れません。 痛みは結果です。痛みの原因を特定し、溶解し、痛み=結果と原因を2点ヒーリングします。運動器系疾患と内臓疾患の両方に用います。


施術時間


施術時間
13時~
19時
× × ×

月曜・土曜・日曜・祝日は休診いたします。



痛みや体の不調無料相談

薬師整体の住所
〒157-0072
世田谷区祖師谷4-23-20 みきもとビル
小田急線祖師谷大蔵駅8分
E-mail
mail@iindia.jp
Tel
03-6277-9077
080-1360-6858
受付時間
「施術時間」参照
水曜・土曜・日曜・祝日:休診
施術時間
13時~19時 × × ×
© 2015 YAKUSHISEITAI. All rights reserved.